FX 短期売買する方法

レバレッジについて

通常、FX取引の基本売買単位は1万通貨です。つまり普通に外貨預金た外貨MMFで1万米ドルを買う場合は、約100万円の資金が必要です。
これまでの金融商品の常識からすると、100万円のものを買うためには、当然ですが100万円の資金が必要になります。

 

しかし、FXは、為替取引で儲かった分や損した分を自己資金にプラスマイナスする「差金決済」で成り立っています。
損失額が自己資金以上に膨らまない限り、自己資金の25倍までの取引を続けてもかまさないのです。これが「レバレッジ」というシステムです。
レバレッジという言葉は、FXの普及ですっかりおなじみになりました。

 

初心者でも、リスク管理をしっかりしたうえで、5倍から20倍ぐらいのレバレッジをかけるのは許容範囲でしょう。
20万円の自己資金があればレバレッジ10倍で200万円、20倍なら400万円分の投資ができます。200万円の資金量を確保できれば、すべての通貨を1万単位買うことが可能になります。

 

現在、世界経済が深刻な危機を迎えているのは、投資銀行やヘッジファンドといったプロの投資家たちが、レバレッジを使って極端なまでに投資規模を膨らませたことが元凶です。
レバレッジという言葉は、世界経済のトレンドからすると流行遅れになりつつあるのは事実です。

 

しかし、それはあくまでプロの世界の話です。個人投資家にとってもレバレッジが大きな落とし穴になる可能性はおおいにありますが、しっかりとリスク管理したうえで利用すれば、資産を大きく増やすチャンスを手に入れることができます。

 

「日本円も買える」
「自己資金の何倍もの取引ができる」

 

特に短期売買では、この2つの非常識を常識として考えておく必要があります。