FX 短期売買する方法

要するに、「カネ勘定」に陥らなければいいのです。
10万円儲けたら、だれでも次は20万儲けたくなって、大きな取引をして40万円損をしてしまう、ということを繰り返します。
さらに、負けても買っても取引の総額を増やさないということも重要です。
ドル/円1万通貨の取引で1円=1万円抜きのトレードに成功すると、人間というものは、「1万円儲かった」という喜びよりも、「1万通貨でなく2万通貨の取引をしていたら2万円儲かったのに」と悔しがる生き物です。
これを「欲ボケ」といいます。そして、調子に乗って次の取引では2万通貨でより大きな儲けを狙いにいき、2円やられて4万円損するのです。
そのため、私は短期売買の投資量についても、ある程度資産が膨らむまでは、儲かっても損しても同額の資金を投入し続けるべきだと考えています。
少なくとも利益達成目標を50万円、100万円と決めたら、それを達成するまでは、同じぐらいのレバレッジや投資額、同じぐらいの利益確定・損切り幅で勝負したほうがいいでしょう。
ちょっと気を緩めると人間というのは、すぐ欲望に支配されてしまうものです。
「ルール」をしっかりと決め、それを厳守することが大事です。
なぜなら、為替取引で儲けるためには全勝する必要はないのです。
自分が「この通貨ペアはこの方向にどれぐらいの時間をかけて、どれぐらいの値幅動く。ついてはここで買って、ここまで行ったら利益確定、予想に反した場合はここまででかならず損切り」ということを決めた、としましょう。
予想が当たって利益が出たら1勝、損切りになったら1敗です。
たとえば、プロ野球の打者の打率のような考え方が、FXの短期売買では必要です。
どんなプロの天才バッターでも打率4割は前人未到の領域です。打率はせいぜい3割でも、チャンスに打てたり、ヒットでなくホームランを打てたら、その打者はいい打者になります。
FXも同じです。10買いやって、5割以上勝てれば御の字というぐらいに考えておいたほうがいいのです。
当然、すべて勝つつもりでエントリーするわけですが、負けたと思ったら即決済して、次の打席(チャンス)にかければいいのです。

「自分の判断は絶対だ、全戦全勝を目指す!」などと大それたことを考えるから、結果として失敗してしまう。
重要なのは「勝率」なのです。