FX 短期売買する方法

ごく普通の人が「なんとなく」FXの短期売買を始めたら、利益に比べて損失が2倍以上に膨らんでしまうことになる、というのが私の考えです。
さまざまな投資本が出て、いかにも簡単にFX投資で儲かるようなことが書かれていますが、現実はそんなに甘くありません。
人間というのはおもしろい生き物で、儲かると不安になり、損をすると開き直る傾向があります。
利益が出ると、それを失うのが嫌で、すぐに利益確定をしてしまいがちです。反対に、損失が出ると、それがさらに膨らむことよりも、少しでも減ることに期待してしまいがちです。
人を動かしているのは、得たものを失いたくないという不安や焦りと、失ったものをいつまでも忘れられない見れんや執着心です。
そのため、ごく普通の投資家は、
「こつこつ儲けて大きく損をする」
という結果に陥りがちです。利益に比べて損失が2倍以上になるのも、こうした人間の心理的な傾向の結果といえるでしょう。
経済学の行動ファイナンス理論ではこれを「損失回避理論」と呼んでいるそうですが、投資の世界、特に短期売買では、この“逃れたい”心理的な重力から自由になりことが、どんな知識やノウハウよりも一番、重要なのです。
反省の意味もこめて、損切りをずるずると先延ばしにしてしまう心理状態を追ってみましょう。
まず「予想が外れた、こんなはずじゃなかった」という悔しさがこみあげます。最初に「ここで損切りする」と決めたポイントにさしかかっても、「いや、また上がるかもしれない」という未練や執着心から「損切りずらし」を行ってしまいます。
その間も為替レートは上下に動いて、あなたはその値動き一喜一憂しているだけの状態です。ちょっと買値(もしくは売値)まで為替が戻りそうになると期待が膨らみます。反対に損失が膨らむ方向に為替が動くと、失望や焦りにかられます。
人は、ポジションを持った瞬間から、客観的に為替変動を見ることができなくなるのです。「自分が儲かったのか、損をしているのか」、損している場合は「損失が減ったのか、増えたのか」という視点だけで為替相場を見てしまいます。
さきほどもいったように、為替の値動きそのものは、あなたの買値や売値や損益のことなどまったく何も考えずに動いています。
しかし、あなたは自分のポジションに対する利益・損失という観点からしか、値動きをとらえることができなくなっています。
あなたのしているのは、為替の値動き予想というよりは「カネ勘定」です。

「ここまで下がるとこんなに損をしてしまう、だからここまで下がってほしくない、いや下がるはずはない」
このように考え始めると、もはや為替の値動きを客観的に予想することなどできません。宝くじに当たる前に、宝くじに当たったら「あれがしたい、これがしたい」と妄想しているようなもので、はっきりいって時間の無駄です。
かないもしない期待や未練に振り回されて時間つぶしするぐらいなら、いったんポジションをスクウェアにして新しいまっさらな気持ちで、もう一度、為替相場と向き合うべきです。
あなたがすべきなのは為替レートの予想であって、カネ勘定ではないからです。

 

 

「損切りできずに大損する」、「こつこつ儲けたのに結局、大きく損して利益を吐き出してしまう」という、初心者にありがちな心理的なワナにはまらないためには、事前にルールを決めて、それに絶対服従する必要があります。
為替取引はお金儲けをするために行なうものですが、それは「カネ勘定にこだわりすぎる」ことを意味するものではありません。
「あそこで取引していれば、いくら儲かったのに」とか「あの取引をやめておけば、大損せずにすんだのに」とか、お金について考え出すとキリがありません。
つくづく人間は欲深きものであることを、身をもって知ることになるだけです。
短期売買では、欲に目が眩んだり、恐怖に打ちひしがれたり、悔しさや自己正当化に身をまかせたりすることが最も危険です。
かつて私は、ある禅宗のお坊さんにFX取引について教えたことがあります。
実際にお坊さんはFX取引をしてみて気づいたそうです。
「相場を生きるのは禅の修行をするようなものだ」と。
ひとつの判断ミスで大損=地獄を見ることもありうる短期売買の世界は、自分の心の中にふつふつと沸き上がる欲望、貪欲さや自己正当化、恐れや慢心との闘いであることは肝に銘じたほうがいいでしょう。
といっても、実際の仏道の修行に比べれたば、いたって簡単です。
「気楽に考えること」「負けても死ぬわけではないこと」、別に負けたからといって「あなたの存在すべてが否定されているわけではないこと」を意識する必要があるでしょう。